地元企業などに雇用されている場合には、当然労災が適用されます。
労働保険加入は雇用主の義務ですので、はじめに雇用形態をきちんと確認しておきましょう。
また病気やケガで長期の療養が必要な際は、健康保険から「傷病手当金」の申請が可能です。
※但し、国民健康保険は対象外です

ただ、一次産業に従事される場合は(雇用以外)、自営業と同様の扱いになりますので一般的な民間の保険への加入も検討された方がよいでしょう。

特に農業は、自然災害や病気などによって大きな損害をうけるリスクがあります。
保険料が日々の暮らしを圧迫しては本末転倒ですが、最低限の保険には入っておきたいものです。

 収入減少・園芸施設の損害に備えておきたい「農業収入保険」はじまってます!
 「農業塾」で教わる、就農モデル例3パターン!農業を仕事にするには?

    お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
06-6939-3631
受付時間/10:00~17:00
      お電話での資料請求・
お問い合わせはこちら
06-6939-3631
受付時間/10:00~17:00
インターネットでの資料請求はこちら 
資料請求・お問い合わせ